2019年07月08日

“水の詩”白州!

 障がい者芸術活動支援の申請締め切り直前、「ここまでやって駄目だったら仕方がない」という心境になるまで案を練って、台本書きにも専念して、つまりは「温泉に浸かりたい!」一心で自分なりに頑張って、「井上ともやすの水の詩白州コンサートツアー」に参加してきた。
 降ったりやんだりの雨模様で水墨画のような山に囲まれた光景、三カ所の温泉・鉱泉巡りとコンサートと仲間との会話を楽しみ、帰宅後は久しぶりの熟睡、という至福の時を味わってきた。
 人生はかくあるべきだね。
 温泉も村も、見かけるのは高齢者ばかり。都会ばかりで政治や経済を考えていてはとんでもないことになるなと痛感、いい勉強にもなりました。
 日々に感謝!
posted by ヨッシー at 11:05| Comment(0) | 個人的分野

2019年06月17日

総会報告とモデル募集!

 16日のいちぶんネット総会は楽しかった。
 いつもの数倍集まって、儀式的進行は極力排して、肝心要件のみ的確に審議して(?)、昨年度の事業は各参加出演者のパフォーマンスで報告され、笑いの絶えない愉快な交流となった。
 そして今年度新規事業に向けて怒涛の前進!
 しかし、並べると20近い数々の事業、ほんとよく飽きもせず続くことよ!
 その後の飲み会、なんとも安っぽい酒と肴での交流だったが、気分良く二日酔いとなった。

 ところで、今度は絵のモデルさんの募集です。
 東部公民館油絵サークルの油絵のモデル(女性・着衣)
 日時:8/1、8/8、8/22、9/5の4回(木曜日で13時〜16時(3時間)
 モデル料金 \5,000/1回
 事前打ち合わせ:7月11日or7月18日にコスチューム&ポーズ等の事前打合せ
 交通は下総中山駅からバス(東部公民館前)、武蔵野線船橋法典駅からは車で送迎
 ご希望者はいちぶんネットへ
posted by ヨッシー at 18:48| Comment(0) | NPO、市民活動

2019年06月14日

意欲ある人材を募集します!

 千葉県が今、障がい者による芸術文化活動を促進する支援センターを担う団体を公募中です。
 いつの間にか深い繋がりをつくってしまった責任上、僕のライフワークとして、いちぶんネットで応募しようと思います。
 1団体決定なので、舞台芸術部門はいちぶんネットが、美術部門では大きな事業推進ネットワークを構築して協働で対処しようと思います。
 現在事業計画を構想中ですが、いろいろと夢を膨らませるうちに、どうやら現事務局体制では任務過剰になりそうです。
 で、優秀なマネージャーを探しています。
 障害のある人たちが豊かな表情と楽しい人生を獲得していくことを面白いと感じる方、
 意欲があり行動力があり誠実な方、一緒に働きませんか?
 ご相談ください。
posted by ヨッシー at 22:58| Comment(0) | 障がい者芸術支援センター

2019年06月10日

いちぶんネットの改革

 最近、「いちぶんネット」の活動が様変わりしつつあるのにお気づきだろうか?
 スペース“にわにわ”の運営が活性化して、集い交流する中から産み出された企画が次々と動き始めたのだ。
 火をつけているのは“第2世代”ともいえる若い理事や会員。やたらNPOを意識し学び奮闘しだした。周りの市民に働きかけて潜在的な要望をあぶりだし、自ら企画・実行するようにと働きかけて、「ちょっとやってみよう!」という腰の軽い活動が生まれていく。
 清々しいばかりの自主性と楽天性、これがほんとのネットワークだね! HPや情報発信など改善課題は満載だが、今後を楽しみにしてもらいたい。
 16日(日)の総会も、「いちぶんネットの改革」を示す新たな形を産み出しそうだ。
 いわゆる形式的総会は極力排して、「NPOとは?いちぶんネットとは何か?」をみんなで楽しく考え合う機会としたい。
 アルコールなども許されるそうだ。ぜひ覗いてみてください。
posted by ヨッシー at 11:40| Comment(0) | NPO、市民活動

2019年05月27日

「おいで!だいじょうぶだよ!」からだ遊びワークショップ

 自分に障がいがあると気づきだした子どもたちはどうしたって引っ込み思案になる。
 親も「周りに迷惑かけちゃいけない」と気づかって囲い込むようになる。
 そんなことぜえ〜んぶ吹き飛ばして、思い切りからだ使って、声つかって、「遊ぼう!おいでよ!やって見りゃわかる!だいじょうぶだよ!」と呼びかけたワークショップの二日目。おかげさまで延べ50人の新しい顔が集まった(1回参加でもオーケーだからそういう数字になる)
 僕は初日に参加できずに昨日が初お目見え。いつものメンバーに混じって、なるほど初めて見る顔が並んで新鮮な雰囲気。歌は佐治さん、踊りはまあちゃん、二人とも簡単な挨拶や呼びかけから一つひとつの要素を絡めふくらませて歌やダンスへと発展させていく。
 周りに関係なく一人で会場探検して廻る子や親から離れられない子もいる。椅子に座ったまま参観する親や「できないこと」にこだわっていちいち指導に入る親もいる。まあ、いろんな出発点があるわけだ。
 成果も発展も気にしない。大事なのは「楽しむこと!」。今日一日不思議で面白い体験を味わってほしいのだ。
 僕は途中で限界、ついていけなくて降板。多量の汗と元気な「お疲れさまでした!」の声が快感だった。
posted by ヨッシー at 11:29| Comment(0) | おいで!だいじょうぶだよ!WS