2017年03月27日

赤レンガ緊急リレートーク

 25日、市川市長が「赤レンガ跡地の取得を断念する」と表明したのを受けて、緊急リレートークを開いて、市民50名が参加してくれた。
 会場は、市川橋広小路に新装なった山崎製パン総合クリエイティブセンター(協力に感謝!)。
 第T部は、昨秋の「中高生による広報ワークショップ」の成果発表。
 1日の見学会とワークショップ。その後指導者が補助して仕上げ発表された成果パンフレットの題名は「Who is Shy?」。赤レンガの建物(女性名詞)を女性になぞらえて広報していく意図に感銘した。1冊原価64円。市民カンパをもとに会が奮発して各界に広めていくことになった。(希望者はお知らせください・限定500部)
 参加した中高生が堂々としていたのにも驚き、最近あんなしっかりした若者に出会うのも珍しい。僕も本気になって世代交流していかないと取り残されると実感した。
 第U部は、情勢の後退にもかかわらず、非常に前向きで建設的な意見がリレーされていったことに、非常に満足した。
 「行政が考えないなら、市民で楽しく考えよう」と、国府台一帯の歴史文化の色濃い、学術文教地区、環境地区、成田から鉄道1本といった特性を考慮して、若者を中心とした国際交流と平和建設を目的に学術芸術文化センターを開設、緊急課題でもある福祉や防災施設も絡めて、江戸川周辺の奇跡的に残された高環境地域の活性化を図ろう!ということになり、その協働研究と具現化に向けて、地域の教育関係者・専門家・市民が協働連携する「国府台ネットワーク(仮称)」を構築することになった。
 これこそ市民楽天主義。社会活動は楽しくなくちゃね。
 それにしても市川・松戸・船橋近郊のアジアを中心にした国際化は相当に進んでいるらしい。「排除」なんてできっこないんだから、外国人をもっと意識的に取り込んでいかないと、この先次々と問題が出てくる気がする。いちぶんネットなら何ができるか?
posted by ヨッシー at 10:33| Comment(0) | 赤レンガ

2017年03月13日

子ども歌舞伎

 12日、県の文化会館で11年続いている「子ども歌舞伎」を観てきた。
 衣装も鬘も大道具も小道具も後見も黒衣もすべて本格的、ただ演じるのは子どもだけという歌舞伎、さすが唄と演奏は録音だったが、なかなかに面白かった。
 子どもたちもよく稽古していた。落ち着きがあった。子どものために大人が裏で一生懸命になってる姿が感じられて清々しかった。こういうイベントは希望が広がって、いいね。
 7月から始まるチャレンジド歌舞伎で、チャレンジドたちをどう歌舞伎に絡ませるかを夢見ながら見ていた。白波五人男なんぞはぜひやらせたいね。誰と誰ならまあ台詞は言える。女の子でもいいね。台詞の言えない子にはどういう工夫で客を沸かせるか? いろいろ夢想してると自然と頬が緩んでくる。
 実はもう台本はできてる。歌舞伎風ミュージカルになる。稽古体制に入る前に、スタッフ間でしっかりと方向性を確認しておこうと思う。歌舞伎の所作や技術を指導してくださる方を探している。チャレンジド・ミュージカルの新たな方向性が見えてくるのも楽しみだ。
 遅くなって、シニア劇団波瀾ばんばん座の稽古に参加。
 今回は劇団初のオリジナル台本。僕が書いたのだがあまり面白くなかった。そこでミュージカル風にしたら俄然面白くなった。実際はハチャメチャドタバタ歌入り芝居。昭和歌謡を通して振り返るシニア世代の嬉し恥ずかし懐かしき青春人生。
 みんな必死で台詞を覚え、動かぬ身体、衰える感覚と闘いながら歌い踊っていた。ここにも希望が広がる創造現場があった。子どもからお年寄りまで、今という一瞬を輝かせて生きる。生きるって楽しいね。
posted by ヨッシー at 10:04| Comment(0) | 劇団JAMBO