2017年08月30日

「面白い街宣言」!

 わが町市川の11月は市長選。
 現市長が今季限りで退陣するそうで、我が家のポストにも俄かにいろんなチラシやDMが投げ込まれるようになりました。
 最近の市川市長選の投票率は30%以下じゃなかったかしら? 48万市民のほとんどが自分たちの住んでる街をどうしたいのかに関心が向かないんだね。
 でも、NPOや赤レンガの保存などをやってるぼくなんぞは、やっぱり町のありようには敏感になる。
 自分でできることから始める。我が家の前にゴミが落ちてたり雑草がはびこってたらきれいにする、通りでなるべく挨拶を交わす、スペース“にわにわ”の前の通りを行きかう人たちに「楽しいことやりましょう!」と呼びかける、今日はどの地区でどんな面白いイベントや生活・人生情報があるのか覗いてみたくなる、…そして、そこに住んでる一人ひとりが自分や家族を越えて、隣人や友人とのつながりを広げて、「おい、みんなどうしてる?たまには話そうや!飲もうや!」という関係に広がっていくのが楽しいんじゃないかしら?
 ぼくが市長なら!…そう、「面白い街宣言」したいね!
 暮らしと安全、市民との対話(協働)、防災福祉、etc. なんぞを重視するのは当然だけど、ともかく「面白い街」にしたい。市民の日常会話の中でいつも「自分たちの街」という言葉が飛び出すような面白いにぎやかな町をつくりたい。そういう話題を仲間を越えて広げたいね。
 低成長の閉塞時代、「面白い!」と心を躍らせる政策が大事だ。
posted by ヨッシー at 10:13| Comment(2) | スペースにわにわ