2017年10月16日

元気な卑弥呼たち!

 行楽の秋、市民祭りやイベントの賑わう秋だというのに、うっとうしい雨模様が続きますね。長い間準備してきたイベントが雨で流れるつらさは同情を越えます。
 14日(土)に、成田市で健康福祉祭があり、チャレンジド・ミュージカル劇団の「公演予告版ミニ公演」がありました。
 大型バス1台を、補助は出たけどほとんど劇団の自腹で借り切って30名が出かけていきました。あいにくの雨でお祭り参加者はいつもの半分、それでも熱心に見てくださるお客の前で、今季初公演を無事終えました。
 翌15日(日)の市川まつりも雨。野外ステージなので、早々に子どもの参加は中止にして、様子を見る形で何人かの大人が集まりました。
 僕などは早々に帰るつもりだったけど、タダでは起きないうちの事務局の若き卑弥呼、「せっかくもらった時間だから、挨拶だけでも…、大人だけでも…、ダンスだけでも…」と言い出して、スタッフの卑弥呼たちも乗り出して、結局大人5人だけの宣伝パフォーマンスをやりきってしまいました。降りしきる雨の中。
 こういう時の女性は本当に力強いね。男はまず諦めてすごすご帰るだけだろうに、女は絶対何ほどかの成果を持ち帰ろうとする。僕の対女性史の中でなんどか見聞したこの強さがなぜもっと日本社会で発揮されないのだろう。今の男と女では元気さと工夫の度合いが違うのだ。
 いちぶんネットもしばらくは安泰という予感。
posted by ヨッシー at 14:43| Comment(0) | チャレンジド11

2017年10月02日

「雪やこんこん」稽古始まる!

 秋も深まる1日(日)から「雪やこんこん〜湯の花劇場物語〜」の稽古が始まりやした。
 チャレンジドの稽古後の稽古で、ガタのきた体にはちっとばかりの負担ではありますが、こいつは市川市邦楽連盟主催公演で2月上演、市川市民芸術祭に花を添えるものとなっております。
 「雪やこんこん」はご存知井上ひさしの傑作群の一つ。雪深い温泉場に流れ着いた旅一座を襲う消滅の危機の数々、その打開のための策略が次々と絡まりもつれ合って意外な方向へと展開していく話の筋となっております。
 股旅物の大衆演劇世界の魅力たっぷり、口に乗せるだけでウットリと酔ってしまいそうな七五調の台詞のやり取り、それを市川くんだりのあっしの仲間・知り合いから粋を集めた俳優陣で、たっぷりと稽古を楽しみながら上演しようって魂胆だから、面白くならねえはずがねえ。
 しかしその稽古初日、一幕を読み合せて後の酒盛り(稽古後に稽古場で酒盛りができる)で見渡せば、顔を並べた俳優陣の見事な老成ぶり。加えて病み上がりが三人、激やせ一人、未だ脚を引きずるもの一人、しかも劇の主役は内科医と来てるから芝居の話題なんぞはそっちのけ、お尻の穴から指を突っ込んで引き出す大腸腫瘍の白なら白、黒ならガン、なんぞといった言葉が飛び交う、なんともおぞましい話題の花が咲くばかりでありました。
 毎週日・月・水の夜間、スペースにわにわで稽古しております。遊びに来てくださいまし。
posted by ヨッシー at 12:04| Comment(0) | 雪やこんこん