2017年11月09日

大学でコントの授業!

 昨8日、多摩の中央大学で「コントdeげき隊」の授業をした。
 年に何回か持っているNPO論講座の一環で、今年は90分×3枠貰ったので、学生たちに消費者被害啓発コントを書いて演じてもらうことにした。これが法学部の授業になるのだから面白いね。
 初日の昨日は、NPOとしてのいちぶんネットの事業展開と社会貢献ぶりを自慢たっぷりお話ししてから、「コント劇団」のデモンストレーション出前公演。
 2日目の来週は、消費者被害の情報を調べ、グループごとで台本を書いて稽古する。
 3日目の再来週は、友人知人・教授を招いてグループごとに上演する、というワークショップ。
 さて、その出前公演、50人ばかりの学生はジッと観てはいるが反応はぼちぼち、ちょっとガックリしてたら、「こんなに笑うのを始めて見た」とは傍聴していた教授の話。実際アンケートでもすこぶる評判がよかった。皆それぞれに自分の家族や人生設計と結び付けて考えてくれて、できすぎるばかりの「いい子ちゃんたち」だった。
 「NPOで食っていきながら社会貢献できる可能性はある」とのホラが受けたようだが、それ以上に彼らの爺さん婆さんに当たる年代の劇団員がすこぶる楽しそうにコントを繰り広げるそのエネルギーに圧倒されたようだ。
 まさに就活の季節、インターシップという名目で早くもタダ働きさせられている若者たちが、「好き」と言える道で食っていけることを願わずを得ない。
 さて、来週のワークショップはどうなるでしょう?
posted by ヨッシー at 18:04| Comment(0) | コント