2021年02月02日

“ヒビキ”あう心!

緊急事態宣言下、劇団市川座のZOOM稽古もたけなわです。
やっぱりみんなはじっと我慢してる訳にはいかないみたい。週3回の稽古を休まず楽しんでます。
そんなある日、重ちゃんから手紙が届いた(いかつい中年の大工だからそんな呼び方もないんだけど)。
かつて“ヒビキ”と呼ばれていた男がいた。普段はコンビニかなんかのアルバイトをしながら、市川や四街道などでの市民ミュージカルや僕がやる芝居などにしょっちゅう出演していた。「正業に着け!」とか「嫁さん貰え!」とか、周りからこづかれながら、頼まれるとヘラヘラ笑いながら何でも引き受けてくれた。何年か前にガンで死んだ。
「そんなヒビキを思い出した。あいつはなぜあんなに舞台に夢中だったんだろう? あいつは“自己犠牲だ”と言ってた。芝居にできないか?」と重は言うのだ。
面白いと思う。彼を知ってる人たちで、市民ミュージカルで出会った仲間の思い出を、6月にあるいちミュー文化祭の20分枠の時間で、映像や写真とともに、語るのはどうだろう?
そんな舞台があってもいいね。
参加者を募集します。“ヒビキ”のエピソードを書き溜めておいてください。彼が映っている映像や写真も集めておいてください。
いちミュー文化祭で、“ヒビキ”会う合う逢う心を楽しもう!
posted by ヨッシー at 16:35| Comment(1) | いちミュ文化祭