2017年10月16日

元気な卑弥呼たち!

 行楽の秋、市民祭りやイベントの賑わう秋だというのに、うっとうしい雨模様が続きますね。長い間準備してきたイベントが雨で流れるつらさは同情を越えます。
 14日(土)に、成田市で健康福祉祭があり、チャレンジド・ミュージカル劇団の「公演予告版ミニ公演」がありました。
 大型バス1台を、補助は出たけどほとんど劇団の自腹で借り切って30名が出かけていきました。あいにくの雨でお祭り参加者はいつもの半分、それでも熱心に見てくださるお客の前で、今季初公演を無事終えました。
 翌15日(日)の市川まつりも雨。野外ステージなので、早々に子どもの参加は中止にして、様子を見る形で何人かの大人が集まりました。
 僕などは早々に帰るつもりだったけど、タダでは起きないうちの事務局の若き卑弥呼、「せっかくもらった時間だから、挨拶だけでも…、大人だけでも…、ダンスだけでも…」と言い出して、スタッフの卑弥呼たちも乗り出して、結局大人5人だけの宣伝パフォーマンスをやりきってしまいました。降りしきる雨の中。
 こういう時の女性は本当に力強いね。男はまず諦めてすごすご帰るだけだろうに、女は絶対何ほどかの成果を持ち帰ろうとする。僕の対女性史の中でなんどか見聞したこの強さがなぜもっと日本社会で発揮されないのだろう。今の男と女では元気さと工夫の度合いが違うのだ。
 いちぶんネットもしばらくは安泰という予感。
posted by ヨッシー at 14:43| Comment(0) | チャレンジド11
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。