2018年02月26日

さんさんフェスティバル

 24日(土)、大洲ふれあいセンターで、「さんさんフェスティバル」が開かれた。
 いちぶんネット放課後等デイサービス「ハクナマタタ」部門の、年に一度の文化交流祭といったものだ。
 70人くらいの利用者・保護者が集まっただろうか。事務局長の松藤氏の茶道お披露目会があり、子どもと親同士が対になり、お茶の接待を楽しみ合った。
 ハクナマタタでは日常課題として茶道を教えている。この精神的な作法を楽しむ時間が子どもたちにいい影響を与えているようだと実感できる光景だった。
 一年間の活動を振り返るDVD放映があった。
 色彩豊かな取り組みの工夫が見られた。参加する中高生の表情も和やかだ。職員が創造的に仕事に励んでいるようなのが嬉しい。
 ここでは10人近い人が働いている。若い二人の男性とその周りに人生経験豊かな女性が取り囲み、老齢な事務局長のサポートもあって、おそらくは賑やかな意見の応酬も楽しみながら、互いの立場を尊重し合いながら業務をこなしていく…多分そうした関係が職場にいい影響を与えているのだろう。
 フェスティバルものびやかで落ち着いた雰囲気に包まれて、いい時間だった。事業を始めて4年、代表のくせにまったく彼らに任せっぱなしで申し訳ない気でいたが、逆にその運営内容を学びたい気にもなった。こうなったら一番人気のデイサービスに育ってほしい。
posted by ヨッシー at 10:02| Comment(0) | 放課後デイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。