2018年04月02日

花見で無粋に署名活動!

 4月、今日から社会人!という人が身近にあまりいない。
 世相なのか私的環境なのか? さみしい。
 毎日のバカ犬の散歩で、何カ所か国府台の高台に立つ。
 房総へと連なる街並みを、「民は食えているか?」と炊飯の煙立ち昇る光景を見つめる天智天皇(古くてすみません)のような気分で眺めるのが好きだ。
 今年はそこから見る桜をずいぶん楽しませてもらった。去年は骨折でそういう心境じゃなかっただろうし、ふと「もう何度も観られないかもしれない」と一期一会を大切にしたいと思い始めたのだろう。
 昨日まであんなに主張していた桜が、今朝はもう芽吹きだした新緑の中に吸い込まれそうになっている。鶯も旺盛な鳴きぶり。時の移ろいは速い。
 31日(土)、花見で賑わう里見公園内を「赤レンガ保存」を求める署名活動で仲間たちと歩き回った。
 花見に浮かれる人たちに無粋に声をかけていくのだが、最近は「オレオレ詐欺」不安もあって気やすく署名してくれなくなった。それでも200筆近く集まった。「赤レンガを知っていますか?」というシール張り比べをしたら、9割の人が「知らない」と答えた。そんなものか…。
 とまれ、顔見知りと出会って気軽に協力を願う。断られるのが続くとしばし花を見て気分を整える。要は遊びがてらやる。終わってみれば面白いものだった。 
 公園じゅうを見渡す。饗宴に浮かれるという光景はなくなった。みんなどことなくつつましく楽しんでいる。歌も喧嘩もない。
 ここでも「縮んでいく日本」を感じてしまう。
posted by ヨッシー at 09:23| Comment(0) | 赤レンガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。