2018年04月19日

「MICHIO!」特集 第3弾!

 星野道夫は1952年に生まれた。生きていれば、今65歳だ。
 父親は悲惨な戦争を体験した世代。その子どもであるミチオは戦後日本が急速に発展していった時代下で、「がんばれば夢はかなう」と信じられた世代だ。
 ミチオは大学卒業を前に苦悩する…「冒険では食っていけない」。といって「俗世間では生きる喜びを見いだせない」。親友の突然の死が彼を後押しした。「人生ははかなく短い。好きな道を行こう」。ミチオはアラスカ行きを選択する。
 僕も似た体験をした。「好きな道を選ぶ」…それが人生を後悔しない唯一の道だと若い世代に伝えたい。
 ミチオは後に文章表現の力を身につけた。写真と言葉で、アラスカの自然からそこに住む人間の暮らしへと、ドンドン興味の対象を広げていった。根っからの純真さと無欲な性格が彼を助けた。「人は大人になっても成長していく」…これに僕は感動する。
 実は、人が成長するもう一つの時期がある。老後だ。労働とか金を稼ぐとかという社会的役割を終えた老後にこそふさわしい人の生き方があるはずだが、残念ながら若死にしたミチオはこれを体験することができなかった。
 今回出演する熟年者には「老後の成長」を体験してもらいたい。簡単なことだ。面白がればいい。人が前へと進み、人の幅を広げる原動力は「面白がる精神」だからだ。
 ともに面白がりましょう!
posted by ヨッシー at 09:43| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。