2018年06月28日

抜き稽古始まる!

 「いちミュー」も、アッという間の7月入り。
 7月は、各場面ごとの細かな演技を決めていく大事な時期。まだ音楽のソロパート部分が届かなくて、配役された出演者も心配半ばだろうが、いろいろ対策を取っているのでもう少しお待ちを。
 27日(水)、平日の夜間の抜き稽古が始まった。
 19時から「スペースにわにわ」に集まったのは、証言者たち役の大人10数名。みっちり2時間半の台詞チェック。終わって、緊急連絡網をやり取りして、軽く稽古場で乾杯。演出からのダメ出しの一言一言がスーッと俳優に浸透していって、中身の濃い稽古ができて満足。
 次回は7月4日(水)18:30〜21:30 スペースにわにわ どこを抜くかは後ほど。

 今、ユーチューブ(これは便利だねえ)から録音してもらったSL蒸気機関車の音を聞きながら書いている。懐かしい音が部屋いっぱいに反響してる。
 次回はこれを皆で聞きながら、人間蒸気機関車を作り出すワークショップをやろうと思う。SLの様々な音を通して、夜のしじまでの待機から出発、走行、停車までの進行、乗客の様子まで、すべて人間だけで表現しようという魂胆。
 大学卒業前の夏、人生の行く末に悩むミチオが谷ヶ岳に行き、そこで親友の遭難死を知り、上野に戻り、また妙高山へと、夜行列車でウロウロおろおろしながら行き惑う姿を人間蒸気機関車・夜行列車で表現しようと思う。
 正直言うと、その頃はもう電気列車になってたらしいが、SLの方が様になるもんね。これが舞台の嘘ってやつ、許される。
posted by ヨッシー at 10:04| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。