2018年07月17日

稽古できる「幸せ」!

 市民ミュージカル16日(祝)の稽古はめずらしい稽古形態になった。
 メインのふれあいセンターが手狭なために、スペースにわにわでの抜き稽古と二手に分かれて稽古を進めた。
 ふれあいセンターは全体合唱と「シシュマレフ村」の振付など。スペースにわにわでは「オーロラキャンプチーム」の歌唱と演技の抜き稽古。10時から13時までで他のチームと交代するつもりだったのが、興に載ってしまって15時近くまで、ばっちりと細かな稽古を重ねて大変充実した時間になった。

 中国地方を襲った豪雨のために、炎天下の復興作業や体育館暮らしをつづける人たちが何千人といる。毎日報告される現状に心を痛めざるを得ない。カンパすることくらいしかできなくて申し訳ないが、一方で我々は休日ごとのミュージカルづくりを楽しませてもらっている。
 「暑い熱い」と文句をたれながらも、健康に楽しい活動に集中できる喜び、これを幸せと言わずしてどうする。我々は普段「幸せ」を当たり前のように感じてしまっているが、あからさまな「不幸」を目にしたとき、当たり前の生をいきていることの幸せを改めて実感することができる。
 楽しいミュージカルの稽古を楽しめること「幸せ」なのだ。
 今あることの「幸せ」を存分に味わおう。
 被災地にはせめてカンパを送ろう!
posted by ヨッシー at 11:22| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。