2021年06月04日

“ヒビキ”あう心!

役者の夢に破れて、悶々と次ぎを探っていた…“ヒビキ”と呼ばれていた男、伊橋幸夫。
その男が2006年春「いちかわ市民ミュージカル」と出会った。
「僕の芸名は『仮面ライダー響鬼(ヒビキ)』からもらった!」と笑っていた。稽古場にはいつも一番入りした。婚活演劇「がめつい奴」「それからのブンとフン」など「いちぶんネット」公演の常連脇役だった。
2013年骨髄ガンで逝去。
「お前はなぜそうも市川の活動にのめり込むんだよ?」「自己犠牲かな?」「バカ言え!」…俺たちは笑いあった!
何故だったのだろう?
もう一度、ヒビキと逢う! ヒビキと心を響かせる!
「“ヒビキ”あう心」…「いちミュー文化祭2021」、20日の部に参加します!
オンライン同時中継だとか。覗いてください。
posted by ヨッシー at 11:41| Comment(0) | いちミュ文化祭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。