2013年03月11日

チャレンジドミュージカル「大好き!」 満員御礼!

「NA PENDA SANA〜大好き!〜」公演が終了しました。
 不安だったお客の入りも上々、反響も上々、舞台の出来も上々(と言っておこう)・・・まずは、いつもどおりのほっとした気分で終えることが出来ました。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
 過去7年を振り返り「チャレンジドミュージカルとは何か?」を検証する公演となりましたが、何より舞台には成長した子どもや青年たちの生きいきとした姿がありました。歌った歌詞ではありませんが♪客席の片隅で泣いていた親族たちもきっと実感したことでしょう。一次打ち上げで見事に司会を進行する斉藤ケンちゃんには笑わされましたが、8年の経験が見事に成長を支えているのだと嬉しくなりました。
 市民ミュージカルでもそうですが、こうした市民活動では、参加するスタッフ(プロとアマを問わず)の誰もが思い切り仕事を楽しんでくれていることが特徴です。ほんとにそれはすがすがしい協働の姿です。「仕事とは何か?」を考える絶好の機会となっているからでしょう。
 次回第9回公演は「WEWE NA MIMI〜あなたと私〜」、題名と会場日時だけは決まっていますが、最初の段階から演出・振付・作曲の協働創作を深めようと思っています。今回の成果に安住することなく「チャレンジドミュージカルとは何か?」というテーマをいっそう深く追求しようと思います。
 昨日の午後の空はスゴイ土煙、だれもが迷惑なPM2,5や黄砂を連想しましたが、真実は日本の土埃だったらしい。偏見が如何に人間の目をくらませるかを体験できました。
posted by ヨッシー at 11:05| Comment(0) | 第8回チャレンジドM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。