2018年04月19日

「MICHIO!」特集 第3弾!

 星野道夫は1952年に生まれた。生きていれば、今65歳だ。
 父親は悲惨な戦争を体験した世代。その子どもであるミチオは戦後日本が急速に発展していった時代下で、「がんばれば夢はかなう」と信じられた世代だ。
 ミチオは大学卒業を前に苦悩する…「冒険では食っていけない」。といって「俗世間では生きる喜びを見いだせない」。親友の突然の死が彼を後押しした。「人生ははかなく短い。好きな道を行こう」。ミチオはアラスカ行きを選択する。
 僕も似た体験をした。「好きな道を選ぶ」…それが人生を後悔しない唯一の道だと若い世代に伝えたい。
 ミチオは後に文章表現の力を身につけた。写真と言葉で、アラスカの自然からそこに住む人間の暮らしへと、ドンドン興味の対象を広げていった。根っからの純真さと無欲な性格が彼を助けた。「人は大人になっても成長していく」…これに僕は感動する。
 実は、人が成長するもう一つの時期がある。老後だ。労働とか金を稼ぐとかという社会的役割を終えた老後にこそふさわしい人の生き方があるはずだが、残念ながら若死にしたミチオはこれを体験することができなかった。
 今回出演する熟年者には「老後の成長」を体験してもらいたい。簡単なことだ。面白がればいい。人が前へと進み、人の幅を広げる原動力は「面白がる精神」だからだ。
 ともに面白がりましょう!
posted by ヨッシー at 09:43| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル

2018年04月11日

「MICHIO!」特集 第2弾!

 大好きな新緑の季節。
 ただ今、5月から始まる「MICHIO!〜星野道夫物語〜」の出演者募集中だ。
 前回と同様、募集には苦戦しているようで、まだ定員の半分も応募してくれてない。意欲のある方は早めに応募していただけると安心だ。
 今回の舞台の特徴を述べる。舞台に星野道夫は登場しない。
 1992年に道夫が設立した極寒のアラスカを体験するオーロラキャンプは毎年3月に開催されるのだが、それに参加した子どもや青年たちが市川での少年時代からアラスカの果ての死まで、ミチオやミチオが関わったさまざまな人間像を演じ分け、追求し、証言し、人生を再体験していくという趣向を取っている。
 ゆえに、「いつもその他大勢かチョイ役ばかりを振られてつまらない」とご不満の方々には朗報のはず!
 今回は主役のミチオだけでも10数人で演じ分ける。その他の役を含めると主要な役どころだけでも50人に及ぶ。2日間4ステージゆえに、すべてをWキャストにするつもりだから、ゆうに100人分の責任ある配役が用意されている。ほとんどの出演者にスポットライトを浴びる出番が用意されているのだ。もちろんソロダンサーやソロシンガーの活躍の場もある。全員ダンス・全員合唱もある。大群像のだいご味もある。これほどサービス性にあふれたミュージカルが他にあるだろうか!
 縮んでいく日本の少子高齢化現象は明白で、「いちミュー」もそういつまでも続く訳でもあるまい。一期一会、先のことはあまり考えず、ぼくは今回の舞台に全力投球しようと思う。さすが星野道夫の人気は高い。観客もこれまで以上に来てくれるだろう。
 「忙しい。意欲も体力もなくなった。金も暇もない」とお悩みのあなた、「いつまでもあると思うな“親”と“いちミュー”!」…さあご一緒に、面白がりましょう!
posted by ヨッシー at 15:53| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル

2018年03月24日

michio! 出演者募集始まる!

 いちかわ市民ミュージカル第9回公演の出演者募集が始まった。
 今年の作品は「MICHIO!〜星野道夫物語〜」。
 見事な写真や文章でアラスカの動物や自然を紹介してくれた故星野道夫氏が今回のモデル。昭和27年9月に市川市南八幡に生まれた道夫氏は20年前に事故で亡くなったが、シロクマやアザラシの親子を始め、アラスカに生きる様々な動物の生態写真が今でもあちこちに展示されている。幼い頃から冒険や探検にあこがれる夢見がちな少年だったようだ。何がミチオをアラスカへとかき立てたのか? アラスカがミチオをどう成長させたのか? をミュージカルで探っていきたい。
 いつか詳しく述べたいが、道夫が撮ったカリブー(鹿の一緒)の写真に魅かれた。
 春、白い雪原に緑が広がりだす頃、カリブーの子どもが誕生する。その子たちをオオカミが襲う。草原のあちこちに子どもは増えて小さな群れが誕生する。群れは群れを呼び、いつか広大なアラスカの原野(日本の4倍)の南から北に向かって何十万頭というカリブーの大群が移動していく。それを群像ダンスで表現したいと思った。そこから僕の中で道夫の世界が広がっていった。
 いちかわ市民ミュージカルが誕生したのが2002年、その翌年、星野道夫写真展が地元市川で開かれて話題になった。僕も協力した。そうした縁もあって、今回の実行委員会には多彩な分野の人が参加してくれている。
 5月から、また暑い熱い長い稽古が始まる。
 二年に一度の大舞台。新人も古参もたくさん集まって大いに楽しみたい。
 現在出演者募集中だ。皆さんもぜひ出演してほしい。
    告知 星野道夫写真展 市川市吉澤ガーデンギャラリー 4月13日〜6月6日
posted by ヨッシー at 09:48| Comment(1) | 第9回市民ミュージカル

2017年09月27日

今日は星野道夫の誕生日!

 今日9月27日は星野道夫の誕生日だ。
 1952年生まれだから、生きていれば65歳。僕より3つ下。亡くなったのは1996年8月8日、カムチャッカ半島で写真撮影中にクマに襲われたのだ。この時の新聞記事を僕はよく覚えている。43歳という若さだった。
 来年9月の「いちかわ市民ミュージカル第9回公演」では彼の人間と生涯を描く。題して「michio!~星野道夫物語~」。
 星野道夫は市川市本八幡に生まれた。平田小学校に通い、中学からは都内の学校に通って、総武線を往復した。彼の少年時代の資料は多くはないが、「夢見る少年」「変わってる少年」だったらしい。学校帰りの電車のドアにもたれかかって窓越しの風景を見つめながら、頭に浮かべたのは北海道の原野に生きるクマのこと。「僕と同じ時間を、クマも生きてるんだな」と空想するところなんぞは、すでにアラスカの原野を行き来する生来の素質をうかがわせる。
 大學卒業を前にして、その後の人生に悩んだ挙句、「好きな道を行こう。一番好きなことに集中していこう」と決して、アラスカに旅立っていったというのは事実のようだ。僕はそれを若者たちに訴えてみたい。
 幸いにもすでに準備稿も書き上げて今は作曲中。新実行委員会もまもなく結成される様子。例年になく制作進行は早い。市民ミュージカルもあと2回で10回公演を終える。そこまではぼくの好きなようにやらせていただくつもりだ。
 実行委員募集しています。ご一報ください。
posted by ヨッシー at 18:37| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル