2018年06月07日

5歳の命を懸けた絶唱!

 もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから
 もうおねがい  ゆるして  ゆるしてください  おねがいします

 ほんとうにもうおなじことはしません  ゆるして  きのうぜんぜんできてなかったこと  これまでまいにちやってきたことをなおします

 これまでどれだけあほみたいにあそんでいたか  あそぶってあほみたいなことやめるので  もうぜったいぜったいやらないからね
 ぜったいぜったいやくそくします

 …親の虐待で殺された5歳の少女の「命の絶唱」だ。
 言葉もない。
 このジジイにできることは、この「作品」を一人でも多くの人に届けることしかない。
 結愛ちゃん、ごめんなさい。
posted by ヨッシー at 09:31| Comment(0) | 未分類

2018年06月01日

清々しい若者!

 気晴らしに、「犬と泊まれる温泉宿」に一泊してきた。
 客はみな子ども代わりの犬を連れた高齢男女ばかり、会話もすべて犬の話題、ニーズを特定したこういう商売も賑わうようになった。時代は変わっていくのだな。
 日大フットボール選手の記者会見も、これからの日本を変えるキッカケになると感じる。あんな清々しい光景を我々は最近ほとんど目にしてなかったことに誰もが気づいたよね。 
 アベ・アソウを筆頭に、嘘つきゴウガンいやらしい顔が日本中に蔓延してる。利権集団のなんと品位のない顔つきよ。あの強烈な映像と一人の若者の懺悔が、うんざりしていた僕らの心に火をつけたのだ。
 「大人の世界ってなんの美しさもないね」とつぶやく声が聞こえる。強引さとごまかしと追従ばかりを押し付ける大人社会を見せつけられて、子どもにどんな夢と希望を描けというのか?
 そういう権力構造とは別の価値観を広げたいと切に願う。
 NPOに代表される新しい市民活動が、「人間の尊厳を守る」という当たり前の精神が、「生きることは大きな大きな喜びなのだ」という発見が、もっともっと共感共有できるように、ぼく自身もボケ始めた残り余生を注ごうと思う。たまの温泉くらいは許していただいて。
 オー、何人もの屍を越えて、歴史は進んでいくのだ!
posted by ヨッシー at 11:59| Comment(0) | NPO、市民活動

2018年05月21日

赤レンガ朗報!

 朗報が入ってきた!
 4月に選ばれた村越新市長が、「赤レンガと行徳野鳥観察舎の保存と再生」を掲げて県との交渉に入ると、新聞報道にあった。
 広大な跡地周辺を来るべき震災の防災拠点とし、平時は芸術・福祉・教育の国際交流拠点にしようというのが赤レンガをいかす会の要望。待機児童や高齢者対策など地域が抱えたお金のいる事業は目白押しだから決して強引には求めないけど、今の市川市にはそういう面白い話題が必要じゃないかな。新市長が「面白い街いちかわ」づくりの目玉に考えてくれてるならうれしい。
 「michio!」の稽古は2日目。皆意気盛んだし冷房も聞いて楽なのだが、今回はここ何回かの生協倉庫が借りられなくなって、以前のような週替わりジプシー稽古に舞い戻り。これからいろんな荷物を担いで毎回移動しなきゃならないと思うと、熱かったけど、一カ所で道具類も置いてもらえて稽古できるあの生協倉庫が懐かしい。
 市川国府台の旧血清研跡地に大きな市民稽古場ができて、隣りの赤レンガカフェで打ち合わせができて、周囲にはアマとプロの舞台芸術家が国際交流してて、といった夢の光景が現実化しないものだろうか? 
 新市長さん、がんばって!
posted by ヨッシー at 11:09| Comment(0) | 赤レンガ

2018年05月14日

「michio!」 キックオフ成功!

 ついに、いちかわ市民ミュージカル第9回公演「michio!〜星野道夫物語〜」のキックオフが始まった。
 10時前、勤労福祉センターの大会議室に、150人近い子どもからお年寄りまでの三世代が集まって、すでに熱気ムンムン汗みずく。
 まず会場いっぱいの机と椅子を片付けて「みんなで楽しく稽古場づくり!」…あっという間に広い稽古空間が現れた。ついで、「みんなで楽しくゼッケン・台本づくり!」…1時間足らずで人数分の台本とゼッケンが完成。その合間に「みんなで楽しく参加登録!」…参加申込者は160人を超える模様。
 10時半からは「みんなでお楽しみ交流ゲーム!」…そこで半分の77人が新人さんだとわかった。JCOMのテレビ撮影が入って、みんなもいい顔つくって、カメラマンも「すごい熱気だ!」と今後の追跡撮影を約束してくれた。
 それから「みんなで確認、オリエンテーションとB作実行委員長の挨拶、指導者紹介」…B作さんからはかつて出演した時の感動を思い出したかのように、ライオンズ風のエールを披露してもらった。休憩は「みんなで楽しくお昼休憩!」…大きなグループに分かれてピクニックのようにおしゃべりしながらの昼食。
 いよいよ「みんなで楽しくオーディション!」…まさに老いも若きも同じ課題で歌って踊って演技して。半数近くの未修了者が出たが、続きは来週。
 最後に、「みんなと稽古場の神様に挨拶!」して終了。あっという間の6時間(スタッフは8時間)だった。
 皆が満足げに帰っていく。見学者も即参加手続きをしてくれて、ともかくキックオフは大成功。
 まずは順調な滑り出し。
 稽古場の神様、ありがとうございました!
posted by ヨッシー at 10:00| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル

2018年05月08日

「michio!」特集 第5弾!

 実は、先日ヨッシーノートを更新したのですが、すぐ削除しました。
 あまりに愚痴っぽい内容だったので、我ながら恥ずかしくなったからです。
 今月ぼくは誕生日で00歳になる…この00という数字を口にしたくない気分を書いたのですが、これはこの年代の人(高齢者)の誰もがぶつかる実に真剣な悩みなのです。「老いていく自分を認めたくない」という無念と「老いていく様をありのままに楽しむしかない」という諦念とがいつも錯綜してぶつかり合っているのです。更新した日はちょっと前者が勝ちすぎていたようです。若い人にはわからない心境ですね。ざまあみろ! で、間もなく市民ミュージカルのキックオフ!
 今回の稽古で僕が秘かに心がけていることがあります。「感動的な作品を創る」…これは当たり前です。「本当に楽しい稽古だった!で終わる」…これが目標です。
 指導する人とされる人が一方的な関係に終わってしまってはつまらない。みんなが教えたり支えたり励ましたりする関係づくり、その日がそこに集まった人たちにとって最高の一日となるような場づくり、不満や愚痴や批判よりもたった一つでいいから「良かった点」を発見する喜びづくり、をめざしたいと思います。
 つまり「一期一会」です。そういう大切な時間を味わいたいと思います。
 13日の日曜日、第9回いちかわ市民ミュージカルのキックオフ!
 まだ間に合う。あなたも参加を申し込んでください。
 よろしく!
 (9時からの会場準備が大変らしい。お手伝いもよろしく!)
posted by ヨッシー at 11:22| Comment(0) | 第9回市民ミュージカル